利用規約



「いちえの会」利用規約

「いちえの会」 利用規約(以下、「本規約」といいます)は、真人会(臨済宗妙心寺派静岡東教区第3部青年僧の会)が提供・運営する婚活支援活動を利用する際に適用されます。本活動をご利用になる方(以下、「参加者」といいます)は、本規約を承諾の上、本活動を利用するものとし、本活動をご利用頂くことによって、本規約の内容をご承諾頂いたものとみなします。

第1条【目的】
本活動は、結婚または結婚を前提とした交際を希望する方へ、安心・安全な婚活の場を提供することを目的とします。

第2条【活動内容】
お寺だからこそ、お金をかけず、安心な出会いの機会をご提供します。そして、異性とのご縁だけでなく、この会を通じ、友人としての縁、仏教やお寺との縁なども広がり、広い意味で皆様のご縁が広がればと思っております。

第3条【会員資格】
入会を希望する者は、以下各号に定める入会資格条件の全てを満たしている場合に限り、入会申込みを行うことができます。
(1) 満25歳以上45歳以下の方
(2) 独身であり、結婚または結婚を前提とした交際を希望されていること
(3) 過去に本活動、またはその他第三者の活動において不正行為、迷惑行為(ストーカー行為を含みます)、クレジットカードの不正利用、その他違反行為(以下、総称して「迷惑行為等」といいます)を行ったことがないこと
(4) 過去に本活動、またはその他第三者の活動において組織的に迷惑行為等を行っていたと真人会が判断した法人・組織・団体に所属または関与していないこと
(5) 暴力団等、反社会的勢力の関係者でない者かつ法令違反あるいは公序良俗違反行為等反社会的活動を行っていない者であること
(6) 真人会の指定する環境で本活動に参加できること
(7) 登録内容にご同意いただき、すべての項目の登録をいただくこと。会員は、会員資格取得後において、以下各号のいずれかに該当した場合、会員資格を直ちに喪失するものとします。
(1) 解約手続の完了がなされた場合
(2) 本規約に違反した場合(または真人会の判断において違反の恐れがある場合も含みます)
(3) 第3条第1項に定める入会資格条件を満たしていなかったことが後に確認された場合
(4) 会員登録手続及び本人確認手続において会員が真人会に提出した情報に虚偽または不正があったことが後に確認された場合
(5) その他、真人会が会員資格保有の継続が困難であると判断した場合

第4条【本人確認手続き等】
会員は運転免許等により本人確認をさせていただくものとします。

第5条【個人情報の取扱い】
本活動における個人情報の取り扱いに関しては、細心の注意を図り取り扱います。
利用者は、個人確認情報の中に特定の機微な個人情報が含まれることを同意の上、個人確認情報を真人会に提供するものとします。
真人会は、利用者より提供を受けた個人確認情報への不当なアクセスまたは個人確認情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の危険に対して、真人会で取りうる可能な限りの安全対策を講じるものとします。また、個人確認情報の安全管理を図るため、真人会会員に対しても必要かつ適切な監督を行うものとします。

第6条【料金】
登録には費用はかかりません。また年会費等も一切ありません。
会へ参加した場合の参加実費のみ頂戴いたします。

第7条【解約】
会員は、登録を行った寺院にて、その旨を通知するものとします。また、解約の実施に伴い、削除した会員の登録データ等の情報に関して、一切その復旧義務を負わないものとします。

第8条【利用者の義務】
参加者は、本活動を利用するにあたり、以下各号の義務を負うものとします。
(1) 本活動に登録もしくは申告する個人確認情報に虚偽の申告をしないこと
(2) いちえの会が開始された場合は、共に双方の人格と社会的立場を尊重し、誠意をもって接し、互いに品位や名誉を傷つけるような言動を取らないこと
(3) 会員双方が合意のもとに話し合いを開始した後でも、会員の一方が話し合いを断る意思を明らかにした場合、他の一方は直ちに話し合い話し合いを断念し、強要しないこと
(4) いちえの会での活動やその他の活動、またはその後の活動において、自己の行為とその結果について一切の責任を負うこと
(5) 自己の連絡先、その他の登録情報に変更が生じた場合、真人会に届け出ること
(6) 本活動を通じて知り得た会員等に関するいかなる情報も、第三者に漏らさないこと
(7) 会員本人が婚約、または結婚した場合は御連絡下さい

第9条【禁止事項】
参加者は、本活動利用の際、以下各号に掲げる行為をしてはいけません。また、会員に以下各号に掲げる行為のいずれかに該当する事由が生じた、またはそのおそれがあると真員会が判断した場合、会員に対して事前に通知することなく本活動の利用を停止もしくは登録情報を削除し、以後本活動の利用をお断りすることがあります。
(1) 自己の結婚相手、または交際相手を探す目的以外で本活動を利用する行為
(2) 婚約後、または結婚後に本活動を利用する行為
(3) 営業活動、他の利用者等に対する商品販売、勧誘等、その他営利を目的とした利用及びその準備行為
(4) 本活動を通じて知り得た、他の利用者等に関する情報等を、他サイトへ露出・転載する等、第三者に漏洩する行為
(5) 虚偽または誤解を招くような内容を含む情報等を登録する行為
(6) 法令、公序良俗に反する行為
(7) その他、他の利用者等に不快感を与える等、真人会が不適切と判断する行為

第10条【免責事項】
真人会は、本活動の提供によって会員に対し、結婚または交際を強制するものではありません。本活動を利用した上での結婚または交際の最終的な決定は会員自身の判断で行って頂くものとします。
真人会が利用者に提供する情報について、その発生源は当該会員であるため、その完全性、正確性、適法性、有用性等に関し、真人会は一切の責任を負いません。
真人会の故意又は重大な過失以外の事由により、利用者の蓄積した情報が消失し、又は他者により改ざんされた場合、真人会は、技術的に可能な範囲で情報の復旧に努めるものとし、この消失又は改ざんにより生じた一切の損害の賠償義務を免れるものとします。
真人会の故意又は重大な過失以外の事由により、本活動の利用を通じて利用者のパーソナルコンピュータ等にウイルスが侵入し損害が生じた場合、真人会はその一切の責任を負いません。
真人会の故意又は重大な過失以外の事由により、本活動の中断・遅滞・中止等が発生し損害が生じた場合、真人会はその一切の責任を負いません。
真人会の故意又は重大な過失以外の事由により、本活動の利用に起因して生じた利用者間の紛争、利用者間の個々の交流や活動に関する個別の紛争、事故又は被害、損害について、真人会は、一切の責任を負いません。但し、利用者の申出があった場合には、しかるべき助言もしくは仲介の手続をとることがあります。
真人会は、本活動の利用に関連して真人会が利用者に対し損害賠償責任を負う場合、いかなる場合も、損害賠償の範囲は、当該利用者に現実に発生した通常損害の範囲に限られるものとします。また、その総額は、当該損害が生じた日が属する月に真人会が当該利用者から受領すべき料金に対応する消費税等相当額を加算した額の範囲を超えないものとします。

第11条【情報の閲覧及び利用】
利用者は、真人会が法令により裁判所・警察などの権限を有する公的機関等から開示を求められた場合、当該機関へ情報開示を行う場合があることを予め承諾するものとします。また、参加者(利用者)からストーカー行為等または、それ以上の被害報告があった場合、公的機関からの開示要求がなくても、被害者からの要望に応える形で、被害者による公的機関への被害届と同時に、公的機関へ情報提供をする可能性があることを予め承諾するものとします。

第12条【活動の中断・変更等】
真人会は以下各号のいずれかに該当する場合、利用者への告知をすることなく本活動を一時的に中断、停止、廃止、変更等(以下、総称して「中断・変更等」といいます)することができるものとします。尚、中断・変更等の実施により利用者に損害が発生した場合でも、真人会の故意または重大な過失に起因する場合を除き、真人会は一切の責任を負いません。
(1) 本活動の運営のための会議を定期的にまたは緊急に行う場合
(2) 火災、天災、戦争、動乱、暴動、その他真人会による合理的な管理が及ばない事態が発生した場合
(3) 運営上、または技術上、本活動の中断・変更等が必要と真人会が判断した場合

第13条【本規約の改定】
真人会は本規約を随時改定することができるものとし、規約改定の通知は、原則として、本活動のウェブサイト上で掲示するものとします。利用者は速やかに変更後の規約を確認するものとします。
改定後の規約に承諾できない場合、会員は1週間以内の解約手続きをもってその意思を真人会へ通知するものとします。1週間を超えての本活動の継続利用によって、改定後規約の内容をご承諾頂いたものとみなします。

第14条【準拠法】
本規約及び本活動に関するガイドラインの成立、効力、履行、及びその他一切の解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。

第15条【紛争及び管轄裁判所】
本活動に関して生じた利用者間の紛争は、当事者間で解決するものとし、利用者は真人会に対し、いかなる苦情の申し立ても行わないこととします。
本規約及び本活動に関する一切の紛争に関し訴訟を提起する場合は、訴額に応じて清水簡易裁判所または静岡地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。
以上

2013年4月25日制定